スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊達巻・伊達メガネ・伊達公子


 この青葉山には、シンボルの伊達政宗の像があります。国営放送の大河ドラマで高視聴率をとった『独眼竜政宗』が有名です。今やハリウッドスターになってしまった渡辺謙は、ばぁやさんのタイプなのだそうです。なので、ナマ写真も家にはあるみたいだし、廃盤になったCDも大事に大事にお宝として、近い将来はプレミア品の価値が出るかも知れないと、へんに期待している“欲タカリ”な、ばぁやさんです。

おぉ…
 オシャレで有名な伊達政宗からちなんで、伊達者や伊達メガネとか、着物を着る時に衿にチョットだけ刺し色を覗かせる『重ね衿』の事を“伊達衿”って言う名前が付いたんですよ。(以上、豆知識でした)

ターコ「ちょっとぉ!お嬢ったらさぁ、また来たわよ~ん」
ピン  「結構、しぶといのね!なんか“ハエ”みたい」
へり  「誰か、お嬢に“タレコミ”してるなぁ、こりゃぁ。」
     「へり三郎さん!アタイ、ゆっくり見物したい~!」
     「だよなぁ。なんのタメに旅に出たか、わかんねぇよなぁ。」
     「何かイイ方法はないのぉ?マサムネちゃん!」
マサ  「…だったら、会員サイトにしたらどーかな?タレコミ者はいなくなるカモよ?」
     「!! そっかぁ!」
     「!! なるほど~ん!」
     「!! その手があったか!」

と、いうワケで、マサムネちゃんの意見で三人は意気投合してしまいましたが、これからこの「めかちゃん劇場」は、パスワードを知る人のみが閲覧出来る庶民的会員制隠密倶楽部サイトへと変更したいと思うのですが、いかがでしょうか?

スポンサーサイト

杜の都はるみ

   あ~ ヤレヤレ!
何とか、広瀬川から逃げてきた一行。 さて、ここは?どこ?

 ここは青葉山で、ざっと一目で見渡せる規模の市街地。360度パノラマの風景では無い所が、東北の特徴です。今見えている中心部の市内ですが、見えていない左右にはひとめぼれやササニシキのじゅうたんが一面にあって、後は単なる山です。よく仙台が舞台のドラマで必ず使う「数えるしかない風景」の一つです。

はるみちゃ~ん!アンコに“唾キ”は入れないでね! たぶん、どこのロケでも同じだと思うのですが、刑事でもないのに事件に首を突っ込む主人公や、犯人の移動を真面目に見てると、地元の人なら
「普通、こっからココまでは走って行がねすぺ。車を使わねど無理だっちゃなぁ!」
とか
「あ~あ、アレだけの距離にタクシー使ってぇ!それっぽばり歩がいんってゆーの!運ちゃん、ごっしゃぐよわぁ」
※注:怒るの意味。仙台弁は最後に「~だよわ」を付けます。 訳:「あ~あ、近いんだし、たったあれだけの距離くらい歩けばいいのに。運転手さんに怒られてしまうわ」です。
と、ツッコミたくなるような移動をします。

ピン 「わぁ、こんな景色はじめて~!世の中って、広いのね!」
へり 「まだまだ、世の中ってーのは、広いんだぜ!ピンぎょちゃん。
    コレで驚いてたら、身体もたねぇゾ!」

ターコ「そ~よ~ん!ピンちゃんみたいなのを『胃の中のナマズ』って、ゆーのよ。わかった!」
    「それを言うなら『胃の中のラモス』だ!」
ブッブゥ~!正解は『井の中の蛙、大海を知らず』です。

音楽の教科書でお馴染みです

   「この人、だれ?」
   「どい たかこ!工場の付き人」
   「※▲◎×■…ダメだこりゃ…
伊達政宗・支倉常長と同じくらいに、地元では行事られる人。よく幼稚園児やコーラスグループが、お月見の時に合唱するのが『荒城の月』です。ずっと昔、夜の9時になると仙台駅のスピーカーから音楽が流れていました。今と違って静かだった夜に、風に乗ってかすかに聞こえてくるこの音楽が、ばぁやさんは怖かったせいか今でもあまり好きでないそうです。

   「ゾクッ!」
   「ゾク、ゾクッ~!」
   「ゲッ!盗賊よりコワイお嬢が、暴走してきたぞぉぉぉ~」

意外とシツコい茶色い物体が、「ガルルル~~」と、またやって来た!

広瀬ヤバッ(川)!

 マックからほんの少し走ると、『青葉城恋唄』の出だしで有名な広瀬川があります。どうでもいい事ですが、ここから少し下流に行くと、ばぁやさんの実家があります。そしてここは、お嬢が人目を盗んでノーリードで走らせる河川敷公園でもあります。広瀬川は、今月の一日から“あゆ解禁”になって、浜崎あゆみがオジサン達の恰好の獲物になり、小遣い欲しさにオジサン達はエーベックスにグラム売りをしているそうな…。ウソです。

 ここには小さな公園や散歩・ジョギングコース、野球場、ゲートボール場があって、老若男女がいつも何かしらしています。明るい時間はそれらの団体競技のグループがハリキッてプレイをしていますし、暗くなるとカップルが個人競技をやっぱりハリキッて、何かしらのプレイしている場所です。

 河原ではバーベキューや芋煮会で盛り上がっています。芋煮会っていうのは、特に宮城県と山形県が盛んで、秋になると河原で収穫された秋の味覚をいろいろと入れて、豚汁のような物を大きな鍋で煮て、ワイワイ皆で食べるです。里芋やキノコをメインに、コンニャクや豆腐、ネギ、ゴボウが基本材料です。宮城県は豚肉の味噌味で、山形県は牛肉の醤油味が主流ですが、両県民が参加すると争いの原因になるのでMIX味になってしまったりします。そんな時の肉は、スポンサーの意向に素直に従わなければいけませんし、もしくは予算に依って内容が変わります。

 朝マックを食べた三人は、満腹になったのか極度のイライラから解放されて、まったりと自然を満喫していました。そしたら…


へり  「あっ、お嬢が来たっ!」
ピン  「あっ、ホントだっ!何で見つかったのぉ?」
ターコ 「ヤバッ!お嬢、マックに目がないのよ~ん!ニオイを嗅ぎつけたのね~」
     「こりゃぁ、逃げた方がいいな!アノ目、座ってるし」
     「早く、車出してぇぇぇ~!」 
めかぶ「アタチも、てれてってぇ~!まってぇぇ~!」

一行は、お嬢から逃れてきたのに、大ピ~ンチに遭遇してしまったのでした。
さてさて、今度はどこへ行く(逃げる)のでしょうか?




最短の名所

 記念すべき1ッ箇所目は、東北楽天ゴールデン・イーグルス(イマドキにしては、韻を踏んでいないので言いづらいったら、あ~りゃしない) の、ホームグランドへ行ってみよう!

 ばぁやさんの家から、歩って30分の所にあるのですが、めかBOOに乗って行くと、1時間以上はかかってしまうのが不思議です。
 ここは昔から、地元の体育大会がいろいろ行われる場所で、野球場のすぐ隣には、陸上競技場とテニスコートがあり、少し離れた所には競輪専用のコースとかがあります(でも、小池栄子とキャィーンはいないです)。ばぁやさんも、昔ここでテニスの試合をしたそうで…(んなモン、100%見たくないっつーの)

 今年の春の初オープン戦は、何機もヘリコプターがブンブン旋回したりホバリングしたりで、ウルサくてテレビも聞こえない位でした。ヘリコプターの発着場と野球場の飛行ラインに、ばぁやさんの家があって非常階段からは野球場が見える距離なので、ヘリコプターがウルサイのは仕方ないっちゃぁ仕方ない。

 試合のある日は、地元企業の飲食店が張り切ってお弁当やちょっとした食べ物を売っているし、今はどうかは知らないけど、足湯の温泉もあったりしたようです。ライブドアと参入合戦の時に、楽天に決まった時は、仙台の街全体がため息の嵐だったのに、始まってみればそれなりに盛り上がっているようで、結構いい加減です。ウワサでホリえもんは、今度は地元J2サッカーチームベガルタ仙台を狙っているらしい…。

ターコ 「ねぇ、チョットォ~!何か食べさせてもらえないのぉ~」
ピン   「アタイも、お腹空いた~!」
ヘリ   「まだ店、開いてねぇ。」
     「じゃぁ、朝マックでもいいからさぁ~。何か食わせて~」
     「アタイも!マック初体験する~!ドライブスルー!」
     「仕方ねぇなぁ」

 と、いうことになって、一行は反対方向のドライブスルーが出来るマックへと、向かいました。全く目的の方向性の無い御一行なのでありました。




出発進行!

 ここは、東北一の大都会仙台
単身赴任人口が全国でもトップクラスの東北の玄関口でもあります。
 トリビア的に言えば「新商品の発売にあたりメーカーの市場調査地域で、時には関東・関西より発売が早かったりするのが仙台」ですし、“冷やし中華”や“回転すし”発祥の地でもあります。

 そしてここに、お嬢「めかぶ」から見放された家来、ピンぎょちゃん、へり三郎、ターコイズ(本名・ヒモ八っあん)の三人が新たな企画を始める事になりました。ここ数ヶ月、お嬢から相手にされなくなった為、黒いオモチャ箱にいるのがツライやらツマラナイやらで、
「いっそ、外へ飛び出そーぜぃ!」
と、意見がまとまり、“ふそう”製でも“日野”製でもない“トイザらス”製のダンプカーに乗って、そこいら辺をチンタラ旅をする事になりました。

 「西遊記」のように、天竺(てんじく)へ行って、ありがた~いお経を貰いに行くワケでもなく、“JTB社”や“山と渓谷社”から旅のガイドブックを出す予定など皆無だし、“楽天”のようなIT企業からのバックアップも無いので、単なるビンボーな旅です。お金に困ったら、大道芸人の真似事でもしながら日銭を稼いで、ナントカ頑張りたいと思っている三人でした。
 
へり 「まずは、ガソリンを補給しないとな。」
ターコ「満タンよ~満タン!! ウラの“めかぶのばぁや”にツケといてね~!」
ピン 「…」
さて、いちばん最初はどこへ行こうかと、迷う三人なのでありました。

 | ふりだしへ | 

もくじ
管理&興業者
前回のつづき
ご感想やご意見など
とらっくばっく
まとめ
演目
本家・分家へワープ



現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。