スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから、たった4ヶ月で…

 すっかり、ご無沙汰してしまいました。それもこれも、ビンボーゆえの成すワザなのでございます。
 秋に、お嬢が足の手術をしてから、ばあやさんの家は、家計を圧迫する散財のブラックゾーンに陥ってしまいました。しかし、そんな状態になっているのに、ばあやさんってば、もう一個書いているブログの「毎日更新するぞ!」の記録更新に明け暮れ、こっちはお構いなしの無法地帯なのでございました。
 それでも、私達三人は、誰にも頼らず、なんとかココまでガンバって生きてまいりましたが、とうとう財源もソコを尽き、頼りの富くじにも見捨てられたのでございます。しかも三人とも、教養も身を助ける芸もワザも無いので、この先、もう、どーしたら良いのか…。

ターコ「ちょっとぉ~、宝くじの当選番号よ~」
ピン  「あ~、ホントだ、ホントだ!」
へり  「富くじ、負けるなぁ~!当たってくれよぉ~」

しかし、結果は……。ガ、ガァァ~~ン

ターコ「あ~ぁ、夢のような一攫千金生活がぁぁぁ~」
ピン  「ビンボーのズンドコに、特急降下だぁ…」
へり  「…。」

と、いう結果に終わってしまいました。


へり  「原油高騰で、めかBOOのガソリンすら買えねくなっちまってよぉ、ったく、コイズミはなにしてんだよぉ!」
ターコ「めりけん国から貰った、セグウェイに乗って遊んでるわよっ」
へり  「ったく、ノンキな奴だな!国民の苦悩を組み取れっつーのによぉ!」
ピン  「でも、もっと大変な人達が、この世にたくさんいるんでしょ?」
ターコ「…。」
へり  「…。そーだな、その通りだよピンぎょちゃん。自分らが悪かったよ。すまねぇ。」

少し反省して気を取り直した三人は、新たな金銭ゲットに意欲を燃やすのでした。しかし、名ばかりの景気回復なので、末端にまではその恩恵は全くありません。宮城県の最低時給賃金は、630円くらいです。これを三人で割ると、一人頭・210円にしかなりません。それに、内職となるともっともっと安いのです。それでも三人は、新たな生活費や旅費集めに、お正月返上でセッセカセッセカと稼いでいるのでありました。
そろそろ、また珍道中が始まるような予感が…する?かな?

スポンサーサイト

 | ふりだしへ | 

もくじ
管理&興業者
前回のつづき
ご感想やご意見など
とらっくばっく
まとめ
演目
本家・分家へワープ



現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。