スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えだ まめ子

私の実家は、仙台市内の農業地帯にあるので、母親が犬を散歩していると、必ず顔見知りのご近所さんから、
「こいづ (※注・その時々の「野菜」を指します) 、持っていがぃん (訳:コレ、持っていきない)
と、声をかけられるそーで、しかも田舎独特のごっつぉり (訳:うんとたくさん) と渡すので、さすがに母親でも食べきれず、そんな時は、私のところへ電話がかかってきます。
新鮮な野菜を頂けるのは、ビンボー家庭にとってはホ~ント助かるのですが、ひとつ困った事に、どのご近所さんも旬な同じ野菜をくれるので、大根の時は大根、カブの時はカブ、枝豆の時は枝豆が延々と続くので、食べるのに一苦労です。母も、
「まだ、この間のが残ってっがらっしゃぁ、それが無くなったら、その時また貰うがらぁ~」
と、低調にお断りするらしいのですが、
「なんだい~~、そんな萎びたのなんか捨ててわ、あだらしい (訳:新しい・新鮮) のば、食わぃん~!オラいさ (訳:私の家に) 、なんぼでもあんだがらっしゃぁ~」
と、無理矢理持たされてしまうので、そのまま我が家へ流通してくる仕組みです。
この時期は、枝豆がワンサカワンサカやって来るので、食べても食べても、すぐに次のがやって来ます。畑から取ってきたのを、すぐに茹でると甘みも多くて、ウマい!
お盆に実家へ行った時も、枝豆をもらってきたのですが、我が家の一番大きい鍋で、2回に分けて茹でる程の量だったので、『ご飯代わりに枝豆を食べる』って、感じです。だいたい豆って、お腹が膨れるもんねぇ…。しかも、枝豆っつーのは傷むのも早いので、必死で食べ尽くしてホッとしていると、また実家から、枝豆消化救済・支援&応援の電話がかかってくるので、今月に入ってからというもの、セッセと枝豆を頬張る日々なのでございます。
ドライフードには、激しい反応がないのに、それ以外には満腹でも目がギンギンとしてくるめかぶは、
(ドライフード以外は、別腹なのね~~ん!)
と、キリなく食べるえだ まめ子が、ココに…。私の枝豆好きがうつってしまったのだろーか…。
オヤツに、ゴハンのトッピングにと、毎日のように枝豆が登場するので、ゴハンの食いつきもAAAクラスだもんねぇ。仕方なく食べて、挙句の果てに残すよりは、イイこった!

「ずんだ白玉」なんぞを作ってきたのですが、枝豆をサヤから出して、薄皮をむくのがホ~ント大変です。しかも、1時間かっかって取り出しても、思っていた量が出来ない…

【めかぶ談】
枝豆は、オイシ~のね~ん。アタチのゴハンも、「ずんだゴハン」が続いてイレシ~でつ (^o^)/。でもさ、たくさんあるんなら、アタチにもたくさん食べさせてくれたらいいのにぃ…。ったく、ケチンボで困りまつ。お月見の頃まで、アタチはえだ まめ子になるのね~ん (^_^)v
スポンサーサイト

中国は…

ちょいと2週間ほどサボっていたら、その間に仙台七夕が終わり、地元高校野球チームも甲子園3回戦で敗退し、お盆も終わり、オリンピックも中盤に入ってしまっているでは内科っ、小児科!
七夕が始まった途端、比較的涼しかった仙台も人並みに暑くなったものの、終わったと同時に30度を下回ったら、今度はクソバカ的に蒸し暑い日が何度かあったりして、隊長…体調管理が大変です。今日なんて、家の中の最高温度は22℃しかなく、涼しいというより肌寒いくらいです。(一日雨が降ったり止んだりの空だったのに、「ちびまるこちゃん」が始まったら夕焼けが出てきて、最高温度が23℃になってしまった…)
連日のオリンピック中継を見ながら、選手の結果に一喜一憂している近所の声が聞こえてくるのですが、ルール改定ばっかりの競技にウンザリしている私は、場違いなアイドルがキャスターを努めるオリンピック番組も真剣に見る気にもなれず、なんなく毎日ダラダラグダグダしているのでございます。なんとな~く速報やニュースで結果を見るくらいで、4年に一度の祭典なのに、競技会場の空席ばっかりの客席と同じくらい、私は盛り下がっているんですよねぇ…。オマケに、今まで息を潜めていたNHKの徴収オジサンが、オリンピックが始まる直前から連日のようにやって来るので、我が家もインターホンが鳴ると、息を潜めておりますです。

ところで、ついこの間まで何かっていうと『中国三千年の歴史』と言っていたのに、ほんの十年ソコソコで『中国四千年の歴史』に変わっているんですけど、いつの間に1000年も経っていたんでしょうか?確かに、中国の発展は目覚しいものがありますが、いくら中国がゴマカシのプロとは言え、日本の年号が平成になってたかだか20年なのに、100年どころかドォォ~~ンとまるごと10世紀をも、こんな簡単に歴史の長さを変えてもいいモノなのだろーか…と、真面目に考えてしまう昭和生まれのオババがココに…。

ここ2週間のめかぶお嬢様のはと言うと、早朝の涼しいうちにサッサと散歩を済ませ、暑い日中は家でグダグダしながら、アイスを舐めたり、枝豆を食べ、昼食に茹でた冷麦の赤いおそばをもらい、特に暑い日は、冷たい牛乳に数滴コーヒーをたらしたアイスカフェオレを一気飲みしたりで、文字通りの食っちゃ寝三昧なのであります。今の所、仙台は酷暑というほどでもないので、めかぶの食欲はまったく落ちる事も、熱中症にかかる事もなく、飼い主にとってはありがたい。それでも、犬やニンゲンにとって暑さは大敵で、先日、偶然に瞬間冷却剤というシロモノを見つけたので、イザと言う時には役に立ちそうなので常にお散歩バックに忍ばせています。
早く、暑い夏が終わらないかなぁ…。汗がかけない私は、チョッとの暑さでも熱中症中度になってしまうので、夏は大ッキライです!

暑いし、お昼も私一人だし、簡単におそばで済ませるのですが、必ずオニの査察犬に「税金」を徴収されます。

【めかぶ談】
仙台は、暑かったり涼しかったりで、アタチのボデェはヘンチクリンになりそーでつ。暑くても、乾燥してればまだイイんでつけど、モヤモヤムシムシはキモチ悪ぃ~でつ。オリンピックもイイでつけど、アタチ的には、ビーフ、ポーク、チキン&ラム肉なんかを食べて“利き肉”をする『オ肉ンピック』の方が、楽し~のね~ん♪

「キムチ事件」のその後

みなさん!「がるるる…」を止めるチョイ前に起こったティッシュ入りキムチ事件を覚えていますでしょうか?その後の経過を気になさっている方が複数いらっしゃるので、この場にて報告いたします。
早い話が、その犯人の行方はと言うとですね、被害者であるこのワタクシめが、一変して犯人という無言の圧をヒシヒシと感じさせられたのであります。そーです、私が世に言う『クレーマー』として、買った店の店長・輸入代行のメーカー&現地工場から、「実はアンタが犯人だったのだっ!」というレッテルを、ベッタリと背中に貼られた気がしてなりません。
店長の話では、問題のティッシュ&キムチを輸入代行のメーカーにすぐに送り、そこから現地工場へ送り、あらゆる点と入ると思われる可能性を調べたのだ、という事でした。調査に2週間ほどかかりましたが、返ってきた答えは、「現物のティッシュは、サイズも素材も韓国製ではなく、しかも混入することはまずあり得ない」と、店長の元に代行業者を通じて返答がきたのだそーです。だとすると、ティッシュは日本製で入れたのはアンタ (この空気からすると、相手が指しているのはこの『ワタクシめ』の事ですね) だ!と、決して口に出しては言わないものの、目とココロが言っています。結果報告に来た店長に、
「んじゃ、入れたのは私って事ですよね?」
「いえ、そ、そんな事ではないのですが、現地の工場で入いるのは考えられないッ…て言うし…、私共も決してソチラ様が入れたとは思ってはいないのですが…」
(んでも、『思ってはいない』が、『言いたい』ってかっ?)
、っていう空気がバンバン目の前を流れるのを、私には見える!
「とは言っても、他に私しかいないって事になりますよね?」
と、疑いつつ否定する店長との会話は、そこで進展と会話は同じ事の繰り返しになり、だんだん私も、
(きっと、自分がやっちまったんだ…、そうに違いないっ)
という、身に覚えのない容疑者が、取り調べの刑事に何度も同じ事を聞かれるうちに、いつしかそん気になってきたようなキモチになったのでありました。工場も、ガンとして非を認める事もなく、こんな事をいつまでも続けるのも面倒になってきたので、もらったメロンも食べちゃったし、もうそのキムチを買わなければ済む話なので、立場上、店長から話を終わらせる事はできませんから、私の方から
「わかりました!この件はこれで終わりにしましょう!」
と、ピリオドを打ちました。
それからというもの、めかぶ一家の安心で美味しいキムチの旅が、始まったのででありました。
ネットで、近辺のキムチ屋を探しては買ってみたり、通りすがりにあったお店で買ってみたり…。手作りキムチでも、売り手の思惑はサマザマで、ボッタクリ風だったり、イマイチな味だったり、サービス精神旺盛でコッチが困ってしまう店ありと、韓国ブームと激辛キムチブームが重なったのか、こんな仙台でも小さなキムチ戦争が起こっていました。10年前に比べたら、焼肉店やキムチ販売店が激増しています。ただ、私はドレが本当に美味しいと言われるキムチなのか、よくとわからず、気分的に何となくウマい!とか何となくマズい!という、大雑把な判定しかできません。
そんなワケで、アンタ (私) が自らティッシュを入れて大騒ぎした自作自演の張本人という曖昧で腑に落ちない空気を一身に受けつつ、このティッシュ事件は幕を閉じたのでした…。チッ、アタシはさ、ゼッタイに入れてなんかないのにさっ!

んだがら、キムチよりも「ずんだ」にすればいいのに…

【めかぶ談】
アタチは枝豆、ダイスキでつ。もしかしたら呑んべぇのDNAがあるんでつかね?「ずんだ」は、薄皮を取った豆をすりつぶして、お砂糖を入れておモチやお団子につけて食べるんでつよ。仙台ではお盆の時に、もぎたての枝豆をすり鉢ですって食べるんでつけど、今は年中食べられるようになったし、全国的にもメジャーになったきたでつ。ねぎが、アタチのトッピングを作るのが面倒だったので、おつまみの枝豆で作ってくれたのね~ん♪

月末恒例

夕方、トイレ掃除をしていたら、便座にちょっとした違和感があったので、
「?」
「??」
「何だ?何があったのだっ?んっ?」
で、よくよく調べてみたら、長年愛用洗浄便座のノズルが壊れてしまった…。ノズルって言ったらアータ、洗浄便座のの部分ではなかなんべかっ…。(そろそろ買い替え時なだぁ)と常々思ってはいたのですが、なかなか買い換える踏ん切りもつかず、昨日まで文句も言わず『洗浄どん』は働いてくれました。さすがに、寿命を全うする頃にもなると、ほんの些細な事が命取りになるんですねぇ…。いつものように掃除をしていたら、まるで小枝が折れるように、そのまま逝ってしまいました。
私にとって、必ず無くてはならない家電は冷蔵庫洗浄どんなので、即座に家電店とホームセンターへ向うべく、クレジットカードと家電店のポイントカードを握り締め、車をまずは南へ走らせたので ありました(南方面には家電店とホームセンターが乱立しているからです)。ホームセンターでは、洗浄便座を目にした時に価格調査はしていたのですが、何故か取り付け料金が高い!で、まずは車を走らせてから一番最初にあった家電量販店に突入し、価格&機能調査。売り出し中の他店と競合しているらしく、通常の表示価格よりもどれも安くなっていました。店員を見つけていろいろ聞けば、設置工事料と廃棄料だけで、諭吉と一葉が駆け落ちしてしまう金額だったので、ひとまずその店で見つけた私なりのMr.平均便座を基準に、第二の店に(競合店基本価格にされてる店)、車は更に南へ向かったのでした。
(おっ!やっぱり、競合店の的にされてるだけ、安いわっ!)
当然、この店にもMr.平均便座はあるので、あとは工事料金等の折り合いと、工事日程の早さが私の中の競合となるワケです。
学校の勉強はダイッキライな私は、毎日のように親から
「勉強しろ~~!勉強しろ~!」
って言われると、かなり気分も機嫌も悪くなるのですが、
お店の人に
「勉強します!」
って、自らの勤勉さを訴えるられると、かな~り機嫌が良くなります。
第二の店ではグレードアップの商品に目が止まり、妙に気になっていたのですが、さすが『お勉強』がよく出来る勤勉クンだけあって消費者のキモチを読むことにも長けているようで、すかさずMr.グレードの売り込みに拍車がかかります。結局、Mr.グレードMr.平均とで大差はなくなり、勤勉クンは工事・廃棄費込みで、更に表示価格よりも更にお勉強をしたので、便座・命のアタクシめは、即座にMr.エリートに軍配を上げたのでございました。

で、本日のメインテーマである「月末恒例」の話ですが、前記の話とはまったく無関係で、もしかして便座を今回のメインにしてもヨカッタかも?^^;
毎月25日の給料日は、めかぶのフィラリアの投薬日に決めています。そして、30日前後がノミダニ駆除剤をし、その翌日か翌々日にシャンプーと決めています。すっかり、お風呂ノ虜になっためかぶは、お風呂やシャンプーっていう言葉を覚え、ワタタタしながら脱衣所でお風呂場へ入るのを待っています。暑ければ水風呂に入れてみようかとも思ったのですが、月末の仙台は水遊びをするような気温でもなかったので、素直にシャンプーで終わりです。シャンプーのあとは決まってご褒美をもらって、スッキリしためかぶは晩ゴハンまで一眠りをして、あ~、今月もやっと終わった!って思うのが、我が家の月末なのでありました。

まずは、トーモコロシからいきまつかねっ!

【めかぶ談】
毎月背中に付けるヘンチクな薬、キライでつ。なんか、背中がムズムズしてくるのね~ん!ガシガシ背中をこすりたくなりまつ。でも、コレをつけないと、ノミとダニに刺されると大変なのでガマンしてまつけどね…(/_;)。お風呂場、ダイスキでつ。この間、お風呂場に金網をするのを忘れていたから、コッソリ入って顔と足がビジャビジャになるくらい遊んだでつ。う~んと楽しかったのね~ん!
あと、ねぎがまた、シャンプーが終わったらチョッキンを持ってきて、アタチの身体のアチコチを切ったんでつよ。

 | ふりだしへ | 

もくじ
管理&興業者
前回のつづき
ご感想やご意見など
とらっくばっく
まとめ
演目
本家・分家へワープ



現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。