スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんだん 復興してきたのね~ん!

こんつぱっ(^_^)/
めかぶでつっ。

ねぎは、チョコッとばかしお疲れモードなので、今日はアタチが報告してみるのね~ん。
そうそう!今日は、アタチがねぎまんぞぉんちに来た日なんでつよっ(>_<)

金曜日、やっとトリミングしてきたでつ。
じちんの日からもう1ヶ月以上も経っていて、最後にマトモにトリミングしたのが1月末だったから、カレコレ3ヶ月ぶりだったのよぉ~ん。もう、ボーボーのモッサモッサで見るからにホームレスワンコ状態だったでつ。
トリミングされるの、う~んとイヤだったでつ。怖かったでつ。また、じちんが来たら?って思うと、ドキドキしてハラハラのしっぱなし、映画っぽく言うとノンストップジェットコースターサイコチック映画とでも言うんでつかねっ?ガハハハ~(^o^)今日、アタチんちの近くで「ふれあい市」ってゆーのがあったでつ。
毎年、春と秋に土日の2日間するんでつけど、今年はいろんな事情で今日1日だけの開催だったでつ。
「復興」って言ってたでつ。
お天気も良かったので、たくさんのワンコ達もおサンポがてら来てたので、アタチがこの辺を仕切っている都合上、会うワンコ会うワンコに『一喝』ならぬ『一吠』してやったのね~ん。

ニンゲンは、いろんなことがあったので大変みたいでつ。
一応、イヌはイヌでそれなりに大変だったけど、今日までなんとかガンバってきたのよ~ん。
ニンゲンもワンコも、少しずつだけど元の生活に戻す努力をしているし、それなりに戻りつつあるのね~ん。
大っきい“じちん”や“よちん”が来なくて、富士山くらいのお金があれば、マッハ級に復興するハズね~ん。

今日は、アタチがこのウチへ連れてこられた日だから、たまにはゴチソ~食わせてほしいのね~ん(^_^)/

トリミングの日、復興のイメージカラーっぽい、『緑のカラーとリード』を買ってもらったでつっ。

【 ねぎ 談】
いろんなところで復興市やいままで定期的に行っていた市が、アチコチで開催するようになりました。
今日、我が家の近くでも、春秋恒例のふれあい市をが開催されたので、ちょこっとばかし行ってきました。っつーか、食いに行ってきました ^^;

話は変わりますが、芸能人が避難所で行っている『炊き出し』に、私は少しプンスカしています。
確かに、炊き出しされれば避難生活している人にとって、ありがたいハズです。が、どーして、黙って炊き出しができないんでしょうか?どっからどーみても、震災を利用した売名としか思えない…。
芸能人の炊き出しには不思議な事に必ず報道関係者がいて、その光景を取材してワイドショーやニュースでそれを放送する…。まぁ、炊き出しをするには避難所の許可が要るので、今のケータイ事情からすれば、あっという間に広まってしまうのは仕方ないけど、
「公にしたくないので、取材はNGだかんねっ!」
と、報道関係者へ釘を刺せば済む話だと思うのだけんど…。
実際はそーじゃないんですから、あらかじめ自分達が行う日時や場所を関係者へ通達してるってことですよねっ?
先週、有名軍団が来て炊き出しをし、その様子をテレビで放送し、オマケに生中継でスタジオと応答している…。なんて、迷惑な行動なんでしょうか?
するなら、報道関係者には黙って、炊き出しをすればいいのではないか!と私は、芸能人の炊き出しのニュースを見るたび、プンスカしてしまします。
有名人が来れば、野次馬が殺到し、本来食べられるハズの被災者が食べられず、どこかからか聞きつけて車でやってきた大勢のヨソ者が屋台の列に並び、その野次馬が要らぬ渋滞を引き起こし、たたでさえ水がない避難所のトイレを当たり前にように使う野次馬のバカ達。
レポーターはレポーターで、バカ丸出しの質問しか出来ないようで、必ず
「被災者達は、今、何が必要なんですかっ?」
って、炊き出しに来た芸能人に聞く始末。
焼きそばとカレーとおでんと豚汁しか作るのが当たり前と思っている芸能人に聞くのもバカだし、それに答える芸能人も、どーしたものかと思いながら、テレビを見てる毎日でございます。
本当に芸能人が、被災者に対して何かしてあげたいと思っているのなら、必要なだけの材料や器材を送るか、炊き出しではなくて、1日でもガレキ撤去のボランティア活動をしてほしい…。大の男の集団なんですから、炊き出しは少しでも自立や生きがいを戻すためにも地元の人に任せて、力仕事をすれば、それを見た一般人も賛同してくれるのではないのでしょうか?
しかも、津波で壊滅的なったニュースで多々映る光景を、興味本位で見に来る大バカ野次馬も少なくないのですから…。

今、本当に被災地に必要なのは、超大で膨大な現金そのものなのです。焼きそばやカレーではないのですよっ。
炊き出しする時間があるのなら、1本でも多く仕事をしてそのギャラを全額寄付してほしいわいっ!サラリーマンの1ヶ月の給料の何十何百倍が、1本のオファーでもらえるのが芸能人さんなんだからさっ。
スポンサーサイト

ポイポイッ!

なかなか、震災ネタから抜け出せんっ…。
スイマセンが、今しばらく、震災ネタにお付き合いくださいませ。

仙台に桜が咲き、いつものようなバカ騒ぎをするような人はさすがにいませんが、週末は初夏の陽気だったせいか、イザッって時の荷物を背負ったり持ったりしながらも、いろんな思いを胸に桜を愛でる人をたくさんいましたねぇ…。複雑な心境っていうのは、こんな時のためにあるような言葉に思えます。
我が家も、朝食を済ませてすぐに散歩がてらいつも行く薬師堂へ行ってみましたが、無形文化財の本堂は地震でデンジャラスな状態になっていました。

この間の余震で破壊した貯水槽ですが、先週の月曜日に完全とは言えないまでも何とか直りました。ご心配いただきましてありがとうございました。
ライフラインは完全復旧しましたけど、下水道の被害を考えると節水は必須なので毎日お風呂へ入ることはなく、入るにしても夜ではなく、万が一、地震で停電になったら怖いので朝風呂です。それも、カラスの行水で…。
洗濯は、ある程度まとめて一気に洗うようにし、残り湯も出来るだけ活用してから排水にしていますが、残り湯は使い道がそんなにないので、なかなか大変です。

水は大事!とにかく大事っ!
電気やガスは、何かで代用ができますが、震災で水が止まってしまうと困ることがたっくさんあります。
給水車が来ても、震災当初は一世帯当たりの配給は良くて10リットル程度で、たぶん、飲用分だけの配給かと思われます。ですから、顔は洗えず、食器を洗うなんて無理も無理!、ましてや、トイレを流す分なんてありえないっ!
ここで、私からの提案です!
こんな時だからこそ、一度、『体験!一日・10リットルの水で暮らしてみる!』を推奨します。
どんだけ、水が当たり前に出る事がありがたいか、どれだけ今まで水を無駄に使っていたのかが、改めてわかりますし、その中からいろんな知恵も出てきます。
イザッて時には、この体験はかな~り役に立つかと思います。
もしも停電になれば、モーターで汲み上げている所は、その水すら使えなくなってしまいますよ~~!
頭で考えるのと、実際に体験してみるのとでは、まったく違います。
私は、震災以来、ペットボトルやヤカンに汲み置きをしていて、食器を洗ったり歯磨きに使い、できるだけ蛇口から使うのを止めました。
無くなって、初めてわかる当たり前のありがたさを、どーかどーか再確認してみてください。


そしてこの震災を機に、処分するものはすべて処分することにしました。
崩れて元に戻すのも大変な本は、ほとんどブックオフに売ってしまいました。残ったのは、どーしても手放せない一部の本(マンガだけど…)と、まんぞぉが仕事で使う本だけ。
部屋の隅っこでホコリをかぶっていた折り畳み自転車は、処分にお金がかかるので困っていたら、近所に無料引取りする所があったので、そこで処分。
もう何年も使っていないものは、とにかくすべて処分。今だと、所定の場所に持ち込めば震災ゴミとして市が処分してくれるので、とっても助かります。
さすがに、平日と違って昨日の日曜日に持っていったら、数キロにわたった車の列。でも、持ってきたからには車から降ろさないと、誰も乗れないのでとにかく待って処分。
もう、ポイッポイッと捨てまくりです。
年々、間違いなく爺婆になってくるので、そーなると片づけにはとにかく苦労します。そうそう重い物も持つ力も無くなるし、いつも使うモノって限られてくるので、もう最小限必要なものだけで、十分!
「またいつか、着られる服」って時は、まず来ないし、いつか読みたくなる本なんて、そうそう数があるワケでもないし…。しかも、老眼で読むのも大変だっつーのっ!
あとは、ゲームソフトや今さら聞くのも恥ずかしい昔流行したCDなんかを、また売って小銭に換えよ~っと!

おかげで、家の中がかなり小ザッパリしてきましたが、残る問題が一つ。
金にもならない大量のビデオテープ…。

アタチには同じ見えるけど、今年のサクラは“想い”がチョット違うのね~ん!

【めかぶ談】
アタチも、最近、チョット疲れてきたでつ。
よちんは怖いし、おサンポもしたくないけど、連れて行かれるしさぁ…
チョット、食欲も無くなったような気がしまつ。お肉だけは、別だけどね~~ん(^_^)
今度の金曜日、またトリミングに挑戦するんだって…(>_<)
お店も、やっとガスが復旧したし、最後にトリミングしたのは1月の末だったから、かなりアタチの毛はボーボーでつ。
今度こそ、デッカイよちん、来るなよぉ~~(V)o¥o(V)

もう、ダメだぁ…

「統計的にみると、7日あたりに大きな余震が来る!」と言われていたのが命中してしまいました。

時間的にウトウトする頃だったのが、一気に目が覚め、一緒に寝ていためかぶを抱きかかえ、廊下にいつでも持って逃げられるバッグを持ち、家を出ようとしましたが、震源地が近かったせいで揺れはすぐに大きくなり、立ってるのがヤットコスットコでした。玄関を開けた時にはもう部屋のモノが倒れ落ちる音がすごくて、外に出たら出たで外壁がはがれ崩れる音とコンクリートのホコリ。
近所中、
「大丈夫ですか~~?ケガしてませんかぁ~?」
と、人を気遣う声が飛び交っていて、オマケに排水管が壊れてしまったせいで、建物中に緊急を知らせるサイレンが鳴り響き、貯水層のタンクも壊れしまい大量の水を吹き出していました。

とにかく、危険なので階段で一階に下り、住民が唖然とした様子で言葉もありませんでした。
少し落ち着いたところで、まんぞぉが再度家に戻り、持ちさせなかった荷物をもってきてもらい、家の様子をみてきたら、前回同様のありさま。

1時間か2時間ほど外で集まっていましたが、皆さん徐々に自宅に戻り始めました。
さすがに、めかぶがいると、夜中に片づけなんて出来ないし、いつまた余震がくるかもわからないので、その晩は車を近くの駐車場に移動して、そこで一晩過ごしました。
夜が明けて、明るくなった頃に家に戻り、1か月前にしたばっかりと同じ片づけをし、バナナとヨーグルトだけの朝ごはんを済ませましたが、もう心身ともにくたびれてキモチがすっかり折れてしまいました。

震度はほとんど前回と同じだったけど、揺れる時間が短かったのが幸いでした。

それにしても、なんで何度もこんな目に遭わなくちゃいけないんでしょうか…。
誰かに当たり散らせれば少しは気が晴れるかもしれないけど、それすら出来ずに、みんなその怒りや恐怖を必死にこらえています。
でも、本当は心身ともに疲れ果てています。
やっとココまで持ちこたえていた気持ちが、一瞬にして崩れてしまいました。
家の損傷はありますが、私達や身内も怪我もなく元気にしていますが、さすがに今回の心身のダメージは地震以上に大っきい…。

本当なら、地震の翌日に入学式を執り行う学校もあったようで、今回の震災で気持ちが沈んでいた子供たちの唯一の希望も、ほんの数十秒の揺れが全部消してしまいました。

我が家も、やっと念願の風呂へ一度入っただけで、またしても断水生活に逆戻り。
本当に安心して眠れる日はいつの事やら…。

ガス、キターーーーーー\(◎o◎)/

やっとやっと、今日の午前中にガスが復旧しましたっ!
やっぱりガスは、一番時間がかかりますねぇ…

またいつ地震で止まってしまうか不安なので、お昼ご飯よりもまず風呂じゃ風呂っ!
余震にビクつきつつ、イザという時用の羽織モノを用意して、ほぼ1ヶ月ぶりにお風呂へ入りましたっ~~ (バッチィ~)^^;

宮城県の下水道は、ほぼ壊滅してしまいテレビで節水と家庭用水の排水の削減を訴えています。
ガスが復旧すると、誰でもお風呂へ入りたくなるので、ますます下水が満杯になって場所によっては大変な事になっているようです。
なので、我が家は出来るだけの節水と生活排水を減らし、下水に流れる汚物も減らすことに奮起しているのであります。
要は、各家庭や企業が下水に流す水と汚物を減らす事が一番の最善策なのだそうです。
下水が完全復旧するまでに2~3年はかかるらしく、現在は応急的に排水しているのだと言ってました。

宮城県の人口で下水が満杯なんですから、コレが首都圏や大都市ともなるとその量たるや、宮城県の何倍なんじゃろか…
もう、「汚いっ!」とか「ヤダァ~!恥ずかし~」なんて言ってる場合じゃないです。
洗濯はお風呂の残り湯は鉄則だし、合成洗剤での排水も分解するまでかなり時間と手間がかかるので、できるだけ洗剤は使わずに食器を洗い、もし洗剤を使うのであればアウトドア用の分解できる自然洗剤だそーです。
シャワーは控え、お風呂を家族で効率良く排水を少なく使い、トイレは出来るだけ少ない回数と水で流すのは当然の事で、トイレットペーパーは流さず燃えるゴミとして処分。
食器類は、油分をふき取ってから溜め洗いをして、最後にチョロチョロ水ですすぐ。とにかくむやみやたらに洗剤を使うのと、水をジャジャー流すのは、ご法度中のご法度なのです。

我が家は、とゆーか、私は、かなりのケチケチババァなので、節水節電は常にココロがけています。
とは言っても、私に輪をかけた節水節電の達人はゴマンといるとは思いますが、結構、ご近所と何かの流れでライフラインの支払い額の話になると、結構、我が家の月の平均料金を聞いて、ビックリされてしまいます。
まぁ、家族構成によって多少の違いはありますが、戸建てと違ってほぼ似たような間取りですから、生活の仕方と節約の知恵で頑張れば減らせるものです。

我が家の場合の光熱費(月平均)
上下水道:5500円位 (2か月分) ※ なぜか商業用になっているせいで基本料金が家庭用より2割ほど高い
市ガス:夏1500円位 冬4200円位
電気 :4400~5000円位


同じ家族構成でも、聞くと我が家と倍以上も違うご家庭もあったりするので、コッチが逆にビックリします。

最近、計画停電のせいで、よくテレビで節電の方法をどこかのお家を使ってしているのを見ると、東北人の私がビックリします。ま~んず、部屋の設定温度の高いことにはとにかくビックリッ!
常夏かっ?
と、思うほどの設定温度のせいか、部屋着はペラペラ生地で首が広く開いた服を1枚か2枚しか着てないし…。
それと、使っていない台所や部屋の電気が、当たり前のように点いているお家が結構多いのにも、またまたビックリ。

私は、いまだかつて、炊飯器のタイマーと保温は使ったことはないっす。
っつーか、どっちの機能もいらんから安くせぇ~~っ!
米は早めに研いでても、炊く30分前から水につけてスイッチONにして、炊き終わったらすぐにコンセントはとっとと抜いてしまう派。
毎食ごと炊飯するワケではなく、例えば朝炊いたご飯を夜に食べる時はレンジで温める派。
出来るだけ明るいうちに、夕飯の準備はしてしまう派。

手は洗面所で洗えばいいので、オシッコの一度や二度くらいではトイレは流さない派。
でも今の宮城県は、それでも下水処理が追いつかない非常事態なのです。放射能汚染以上に、汚水に汚染された海になってしまうのですよっ!そしたら、もっともっとお魚が食べられなくなって、海が糞尿と生活排水で汚れてしまうんですよっ!

いつも当たり前にしていることが、すべて出来ない震災の余波。
コレが大都市ともなれば、もっと深刻な事態になることを、どーかココロの隅に置いてくださいまし。
汚いとか恥ずかしいなんて、言ってる場合じゃありません。
「自分だけ、必死に節電や節水したって、焼石に水じゃぁ~ん!」
って、みんなが思って頑張らないと、とんでもないことになってしまいますよ~。

震災直後、我が家のご近所にそんな自分勝手の身勝手星人がいて、私はプンスカクソババァ怪獣になってしまいました。
あまりにもヒドイので、思い出しただけで血圧がMAXに達してしまうので、書くのは止めますが…。

3週間

地震から3週間。
時間の経過が早いのか遅いのか、ようわからんっ。
家にいても何もすることがないせいか、ま~んずま~んず一日の長いこと長いこと。

だったら、仙台の様子でも伝えればいいんでしょうけど、どーも私がPCを立ち上げた途端、必ずといっていいほど大きめな余震がくるので、ガタッと家のキシミ音が鳴ったと同時に、バッグをたすき掛けにする めかぶを抱きかかえる めかぶ一式が入った荷物を持つ すぐまさ家から逃げる …を繰り返す状態なので、落ち着いてブログ更新ができないのでありました。
そんな中でメールをチェックしたり、いただいたコメントを読むのが精一杯なので、お返事を書かないで誠にすいません m(__)m

ニンゲンの生命力とゆーか、立ち上がるチカラって、スゴイですっ。
一日単位、週単位で、元の生活に戻そうとするのが、確実にわかります。
つい10日前までは、な~んも無いスーパーなのに3時間も並んで、何かしらの食糧を買っていたのが、もう並ばなくてもある程度の物が買えるまでになりました。
店舗によっては、ほぼ元通りになった所もあるようですが、私が住んでるところはまだそこまでは回復していませんが、なんとか生活ができてます。

郵便や宅配便が動き出したら、めかぶを通じて知り合ったワン友さん達から救援物資が届いて、地震でキモチ的に暗く沈んでいた我が家に、盆と正月とクリスマスが一緒にきたほどの荷物が届きました。
どれもこれも、被災してる我が家の不便さを一生懸命に考えたと思われる荷物なのが手に取るようにわかるので、本当にありがたく、どれだけ助かったことか、今は、この場でお礼を言わせてください。
本当に、どうもありがとうございました m(__)m

めかぶは、すっかり甘えっこヤクザ犬になってしまいました。
緊急地震速報の音や、地震できしむ家の音、チョットした音に敏感になっているだけでなく、自分だけ置いていかれるのではないか?という不安を持っているようで、出かける素振りがわかるともうダメで、吠えて大暴れして足にしがみついてきます。分離不安の極地とでも言うんでしょうか?
飼い主自身も、かなり神経質になっているからなんでしょうけど、とにかく一日のほとんどを抱っこするのはキツイ…。しかも、サンポも今までよりしなくなったせいか震災太りしたようで、ズッドォォ~ンっと重くなったし…。
ニンゲンも多少震災痩せはしましたが、震災前よりも救援物資で台所が潤ったのと、だんだん生活が正常化してきたせいか、体重だけがマッハのスピードで完全復興しましたっ ^^;

今回の地震でめかぶ一家は、いろんな人達から心配をされただけで申し訳ないのに、ありがた~く多大な恩恵を受け、そして励まされ、仙台一のシアワセ者です。
いつまでも、『被災』に甘えてもいられないので、そろそろブログも本格的活動を始めないとネッ!
まずは、何事もなければ“コメントのお返事”を復活しま~~~~す (^_^)/

『救援物資』はめかぶのおかげ♪ めかぶの洋服もいただきましたっ!

【めかぶ談】
じちんから、もう3週間だって。
早いでつ。
でも、まだまだ、おっきな“よちん(余震)”がくるので、アタチは怖いでつ。

みなしゃん。
愛のお荷物、ホントにアリガト~でつ。
ねぎまんぞぉになり代わって、お礼を言うのね~ん
「毎日、パーテェ~ができるどぉ~!」
って、ねぎが言ってまつ。
ホント、みなしゃんには感謝してるのね~ん。

 | ふりだしへ | 

もくじ
管理&興業者
前回のつづき
ご感想やご意見など
とらっくばっく
まとめ
演目
本家・分家へワープ



現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。