スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興&鎮魂 「仙台七夕」

夏祭り真っ最中の東北ですが、
なんだべず!毎日毎日、こうも蒸しあづいどわ、なんもかもやんだくなっちゃぺっちゃわねぇ… (>_<)
(訳:何てことでしょう!毎日毎日、こんなに蒸し暑いと、何もしたくなくなっちゃうわぁ…)
仙台管区気象台でがら、梅雨明け宣言ば早まったんでねぇの?
(訳:仙台管区気象台ってば、梅雨明け宣言するのを早まったんじゃないのでは?)
ま~んずま~んず、蒸し暑いったらありゃしない。隙間だらけの我が家に、湿気がバンバン入ってきて床やら何やらベタベタすてるザンス~。

ってなワケで、ココの所、蒸し暑いか雨降りのどっちかで、そのせいか家にこもってばっかりだったもんで、体重は一気に増えてしまい、今朝なんて、あまりにも短期間の増加を警鐘するのに、初めて体重計から警報音が鳴ってしまった…。っつーか、去年買い替えた体重計だけど、警報音なんぞが鳴ることすら知らんかった…。
毎朝キッチリ量っているので、体重の増加傾向はガッテン承知の介だったもんで、最近は多少暑くても歩くようにしてますが、一度増えたモノはなかなかねぇ…。
そこで、ヒマつぶしと運動を兼ねて、今年はいろんな意味でも思い入れもあったので、ちょっくら一人七夕見物へ行ってきました。
いつもながらの七夕飾り。久しぶりに、規模はかなり小さいけど『仕掛け物』も復活!

通年からすると、七夕初日の午前中というのは比較的人出が少ない穴場的な時間帯なので、それを狙って行ったらアータ、今年は『初日が土曜日』『節電で企業の長期夏休み』『震災後の初七夕』『復興』…、ま~んず、どこもかしこも、おどげでないくらいの人出 (訳:ビックリするくらいスゴイ人出) ! まともに歩くこともままならないので、運動どころではありませんでした。
仙台市内の児童生徒が折った8万羽鶴

今年は、復興祈り鎮魂がテーマなようで、飾りもいつもと違って静かな色合いの竹飾りが多く、人出の賑わいとは真逆だったせいか、マンネリ化気味たっだ仙台七夕も少し新鮮でした。
鎮魂…
不謹慎!と言われようが、何度聞いても私の耳には最後の一文字が聞こえない…。慰霊の言葉も、一文字足らないだけでトンデモナイ名詞になってしまうので、人前ではこんな話は言わないようにせねばっ!
「被害者の会」の会長の飯塚さん。「被害者の会」も祈りを込めた活動をしていました

【 ねぎ 談】
初日から日本全国から観光バスでやってきたオバチャン達、ありがたいけどムダに元気だすねぇ…。
イマドキのオバチャン達はほとんどケータイを持っているので、一歩進んではケータイカメラでバチャバチャと写真を撮り、道の両端で売ってる屋台やお土産に首を突っ込み、中には試食があるのでオバチャンの眼には鼻があるのではないかと思うくらい目ざとく見つけては必ず試食しているので、同行しているお仲間とジグザグ歩きをしています。
仙台の他にも、青森のねぶた、秋田の竿灯、山形の花笠踊りを回ってきたのだと思いますが、ま~んずとにかく元気です。
仙台の暑さなんぞは、関西のオバチャン達からしたら屁とも思わないらしく、とにかく関西オバチャン軍団はま~んずしゃべる口と食べる口は止まる事はなく、そのバランスを取るためなのか関西オッチャン軍団はかなりお疲れモードです。
たまたま見かけた短冊に、「日本からヤンキーがいなくなりますように!」と書いてあったのは、私の“ツボ”だった(^O^)
七夕も今日が最終日。
そして今日から だすねぇ~~…
スポンサーサイト

 | ふりだしへ | 

もくじ
管理&興業者
前回のつづき
ご感想やご意見など
とらっくばっく
まとめ
演目
本家・分家へワープ



現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。