<<まだ、2ヶ月なのかぁ… | ふりだし | ポイポイッ!>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんだん 復興してきたのね~ん!

こんつぱっ(^_^)/
めかぶでつっ。

ねぎは、チョコッとばかしお疲れモードなので、今日はアタチが報告してみるのね~ん。
そうそう!今日は、アタチがねぎまんぞぉんちに来た日なんでつよっ(>_<)

金曜日、やっとトリミングしてきたでつ。
じちんの日からもう1ヶ月以上も経っていて、最後にマトモにトリミングしたのが1月末だったから、カレコレ3ヶ月ぶりだったのよぉ~ん。もう、ボーボーのモッサモッサで見るからにホームレスワンコ状態だったでつ。
トリミングされるの、う~んとイヤだったでつ。怖かったでつ。また、じちんが来たら?って思うと、ドキドキしてハラハラのしっぱなし、映画っぽく言うとノンストップジェットコースターサイコチック映画とでも言うんでつかねっ?ガハハハ~(^o^)今日、アタチんちの近くで「ふれあい市」ってゆーのがあったでつ。
毎年、春と秋に土日の2日間するんでつけど、今年はいろんな事情で今日1日だけの開催だったでつ。
「復興」って言ってたでつ。
お天気も良かったので、たくさんのワンコ達もおサンポがてら来てたので、アタチがこの辺を仕切っている都合上、会うワンコ会うワンコに『一喝』ならぬ『一吠』してやったのね~ん。

ニンゲンは、いろんなことがあったので大変みたいでつ。
一応、イヌはイヌでそれなりに大変だったけど、今日までなんとかガンバってきたのよ~ん。
ニンゲンもワンコも、少しずつだけど元の生活に戻す努力をしているし、それなりに戻りつつあるのね~ん。
大っきい“じちん”や“よちん”が来なくて、富士山くらいのお金があれば、マッハ級に復興するハズね~ん。

今日は、アタチがこのウチへ連れてこられた日だから、たまにはゴチソ~食わせてほしいのね~ん(^_^)/

トリミングの日、復興のイメージカラーっぽい、『緑のカラーとリード』を買ってもらったでつっ。

【 ねぎ 談】
いろんなところで復興市やいままで定期的に行っていた市が、アチコチで開催するようになりました。
今日、我が家の近くでも、春秋恒例のふれあい市をが開催されたので、ちょこっとばかし行ってきました。っつーか、食いに行ってきました ^^;

話は変わりますが、芸能人が避難所で行っている『炊き出し』に、私は少しプンスカしています。
確かに、炊き出しされれば避難生活している人にとって、ありがたいハズです。が、どーして、黙って炊き出しができないんでしょうか?どっからどーみても、震災を利用した売名としか思えない…。
芸能人の炊き出しには不思議な事に必ず報道関係者がいて、その光景を取材してワイドショーやニュースでそれを放送する…。まぁ、炊き出しをするには避難所の許可が要るので、今のケータイ事情からすれば、あっという間に広まってしまうのは仕方ないけど、
「公にしたくないので、取材はNGだかんねっ!」
と、報道関係者へ釘を刺せば済む話だと思うのだけんど…。
実際はそーじゃないんですから、あらかじめ自分達が行う日時や場所を関係者へ通達してるってことですよねっ?
先週、有名軍団が来て炊き出しをし、その様子をテレビで放送し、オマケに生中継でスタジオと応答している…。なんて、迷惑な行動なんでしょうか?
するなら、報道関係者には黙って、炊き出しをすればいいのではないか!と私は、芸能人の炊き出しのニュースを見るたび、プンスカしてしまします。
有名人が来れば、野次馬が殺到し、本来食べられるハズの被災者が食べられず、どこかからか聞きつけて車でやってきた大勢のヨソ者が屋台の列に並び、その野次馬が要らぬ渋滞を引き起こし、たたでさえ水がない避難所のトイレを当たり前にように使う野次馬のバカ達。
レポーターはレポーターで、バカ丸出しの質問しか出来ないようで、必ず
「被災者達は、今、何が必要なんですかっ?」
って、炊き出しに来た芸能人に聞く始末。
焼きそばとカレーとおでんと豚汁しか作るのが当たり前と思っている芸能人に聞くのもバカだし、それに答える芸能人も、どーしたものかと思いながら、テレビを見てる毎日でございます。
本当に芸能人が、被災者に対して何かしてあげたいと思っているのなら、必要なだけの材料や器材を送るか、炊き出しではなくて、1日でもガレキ撤去のボランティア活動をしてほしい…。大の男の集団なんですから、炊き出しは少しでも自立や生きがいを戻すためにも地元の人に任せて、力仕事をすれば、それを見た一般人も賛同してくれるのではないのでしょうか?
しかも、津波で壊滅的なったニュースで多々映る光景を、興味本位で見に来る大バカ野次馬も少なくないのですから…。

今、本当に被災地に必要なのは、超大で膨大な現金そのものなのです。焼きそばやカレーではないのですよっ。
炊き出しする時間があるのなら、1本でも多く仕事をしてそのギャラを全額寄付してほしいわいっ!サラリーマンの1ヶ月の給料の何十何百倍が、1本のオファーでもらえるのが芸能人さんなんだからさっ。

言いたい

私も芸能人の炊き出しには?です。
何故炊き出しをテレビでレポートしなければいけないのでしょうね。
やるのなら裏方でやって欲しいと思います。

めかぶちゃん、今日が運命の日だったのですね(笑)。
今は地震で恐い思いをしているでしょうけど、ねぎさん、まんぞぉさんと出会えてよかったですね。

早く以前のような普通の暮らしが戻ってきますように願っていますよ。

「炊き出し」の全てが悪いのではなく、有名人のその炊き出しの姿勢ってゆーか、そのやり方が腑に落ちないですねぇ…
確かに寒い時には、温かい物がどんだけありがたかった…

次から次と、比較的大きく不便じゃない避難所へ「炊き出し」というボランティア活動。いまだに電気も水も無く、物資がほとんど来ない地域は数えきれないほどあるのが実情です。
ならば、本当に助けがほしい所へ出向いて物資を届けるとか、励ます事をしてほしいです。
津波の被害に遭った家の掃除も、人手が無くて大変です。これから、暑い日や梅雨の時期になるので、少しでも今の季節の良い時に片づけたいと思っている被災者がたっくさんいるのに…。
力の発揮するのなら、きれいごとではなく、売名でもなく、本当の「助けてあげたい」というピュアな気持ちがボランティアには大切だと、私は思っています。

めかぶは、犬の『PTSD』にかかっているような気がします。
不安とストレスはかなり抱えているようで、稀代の食いしん坊も、最近はあまり食欲も無くて、好きな物ですら食べない時もでてきました(-_-;)
めかぶは、今の状況の意味がわからないだけすごく可愛そうです…。

密かにボランティアにいっている芸能人もいるようですよね。
少なくとも、自分の食べる物、排泄するものの処理が出来る様にいってほしいよね。

こうすけままさんの所にあった、プランターで育てる、は
まずは売っていたら万能ネギを購入。
根っこから3cmぐらい切ってそれを植えておくとすぐに食べられるくらいに伸びますよ。
そして次も少し残して切って行くと、何年も使えますよ。
うどんを食べる時にはいいですよ。
同様に、三つ葉も出来ます!

本当に被災者の事を考えている人は、まず何をすべきか、何を控えるべきなのか、ちゃんとわかっているようです。
手伝いやボランティアは、いくら手があっても足らないくらい確かに必要です。でもそこには、自分たちが行っている様子を伝える事、それを取材するおバカな芸能レポーターはハッキリ言って邪魔でしかありません。
しかも災害地に来て、ばっちりメイクにスカートはいて皮のヒール靴…、そんな恰好で取材をしてるんですから…。
中には、そーいった事で少しは気を紛らわしている被災者もいるかもしれませんが、昼夜問わずに活動をしている自衛隊や消防と警察、救援物資の輸送、ボランティア先へ向かう一般の車、緊急時の救急車両は、ただでさえガレキ等で道幅が狭まくて大変のなかで頑張っています。
軍団が来た時は、とにかく野次馬の車で渋滞が起こり大変だったそうです。

被災者の要求って、刻々と変化してくるんですよね。
毛布→水→食べ物→温かい食べ物→着るもの→プライバシー→家→etc…。
オトナなんだから、もう少し考えて、周りの状況を読んでから行動をしてほしいですわぁ~

そうですよねぇ・・
炊き出しは必要だろうけど、『やってます!』的な報道はいかがなものかと私も感じていました。
そんな大変な裏話があるのならホント、いい迷惑ですね。

それに・・被災現場にわざわざ行って、津波に流された船の前でピースサインを出し記念撮影をしているというのも聞きました。
なんてこったぁ~って、ビックリですよ。


めかぶちゃん♪ やっとさっぱりしたのね!
良かったわぁ~(^_-)v

記念日の日はどうだった~?
美味しいものを食べたのかなぁ~(o ̄ー ̄o) ムフフ

本当ですよね・・・
なにゆえに TVカメラがいるんだ!と
思っちゃいますよね・・・
でも こちらもつい見ちゃいますけど・・・σ(^_^;)アセアセ

被災地で必要なものがどんなに変化するか・・・
それも 残しておく必要がありますね!
阪神大震災のときの教訓が活きているようで活きてないのかも・・
未曾有の大震災はあれで終わったかのような
そんな 印象を持ってしまったけど 違いましたね・・

揺れて逃げる・・・所までは 何度も訓練するけど
そのあと 避難所を含めて どう生活するか どう支えるか 
そのシュミレーションも訓練したほうがいいのかも・・・

物資の伝達方法とか 企業の役割分担とか・・・

果てしない援助が必要ですね・・・

めかぶちゃんPTSDですか?
じゅんぺいもね テレビで緊急避難速報のあの音がすると
ひざに飛び乗ってきます。
怖いみたい・・・
そして 今日は トリミングでなきっぱなしで
ストレスで下痢したそうです・・・
動物にとっても地震はものすごいことのようですね・・・

こんばんは。
まだまだ気の抜けない毎日が続いている事とお察しいたします。

めかちゃん、大丈夫?
こんな事を言ったら、失礼かもしれませんが、
地震も勿論ですが、ねぎさんやまんぞぉさんのお疲れを敏感に感じ取っていたりしませんでしょうか?
まずは飼い主であるねぎさん・まんぞぉさんに心の平穏や余裕が出来るとめかぶちゃんも少し安心すのかもと思ったりするのですが、中々難しいですよね。

小生らは被災地に行っていないので、TVや新聞でしか情報が伝わりません。
先日、日本在住のカナダ人の方が、日本に残ってボランティアとしてガレキの後片付けをしているところが映っていました。
彼は、復興を果たすまで続けるとTVで言ってました。

偶々ちらっと観た番組だったので、視聴者の興味を惹くためのものだったのかは分かりませんが、外国人でも一生懸命肉体労働をしているんだから、ねぎさんの言うように、日本人は被災地の時々の要望に合うよう、考えて行動しないと意味ないですね。

少し前の話ですが、船着き場が壊滅して孤立した島に米軍が何とかと言う上陸船を使って重機運び込み、ガレキの撤去や復旧作業をして、島民から喜ばれたと言う記事を見ました。

米軍の他にも、自ら被災しているにも関わらず日々過酷な作業を担っている自衛隊・警察・消防・地元消防団等の方々のご努力には、本当に頭が下がる思いです。

その他、震災発生後真っ先に飲料水を配って回った飲料水メーカーの地元支店を始め、幾つかの企業は、考えられる最大限の速さで支援に動きました。
また、新潟や関西広域連合など被災経験のある地方自治体の協力も、それなりの役割を果たしているように思います。

しかし、政府は・・・
呆れるほど統率力が欠けているし、ねぎさんの仰るように、芸能人は自ずと人寄せパンダになってしまうのですから、行動の仕方は十分考える必要がありますよね。

スポーツ選手にはスポーツ選手にしか出来ない、また芸能人には芸能人にしか出来ない貢献の仕方がある筈なんですよ。
それを考えて欲しいですね。

じゃ~、小生は・・・?
実は、この答えが見つからずにジレンマに陥っています。

PS.我が家のPoohも4/22に7歳になりました。
  ジジイの仲間入りです!

やっと、サッパリしてきました~~(^_^)/

でも、いつも頭の中に『地震』の文字が浮かんでいるせいか、ドキドキハラハラしています。
今回は、無事トリミングが終わるまで、やっぱり心配でしたねぇ…。めかぶも、怖がって嫌がるし…。

有名人の炊き出しやボランティアは、一般人には出来ない有効な方法があるような気がします。
私は、リアルに報道するのではなく、事後報告的にその記録をテレビ局側に渡して、それを編集しスタジオで解説しながら自分達が行った事や気が付いたことなどを報道してくれればと、思っています。

一般人の被災地を興味本位で見に来るのだけは、止めてほしいですね。
ホント、みんな大変な思いをしてるんですからっ(>_<)

どんな形でも、シュミレーションや予行演習は大事ですよ~
イザって時、パニックになっちゃいますからねぇ…

阪神の時の教訓は、活かされている部分とちっとも進歩していない部分があるようです。
避難所の運営やサポートの仕方は、かなり活かされているようですよ。
進歩していないのは、物資の振り分けなどをいままで危機感を持たずに仕事をしている役人がしているせいか、全国から届いた善意の配分が潤滑には出来ずに物資がどんどんたまってしまって、ますます仕分けが出来ないでいるのも事実のようです。
なので、最近は民間の業者が介入して、割振りや分配、輸送の手配を行っています。

めかぶも、緊急地震速報の音、地震で家がきしむ音に敏感になっています。
私達も地鳴りと共に地震が起こると、荷物を持ち、めかぶを抱っこするので、めかぶも余計に不安になってしまったようです。
とにかく、超分離不安になっていまったようですぅ~(>_<)

> こんな事を言ったら、失礼かもしれませんが、
地震も勿論ですが、ねぎさんやまんぞぉさんのお疲れを敏感に感じ取っていたりしませんでしょうか?

おぉぉ~~!
ま、まさにその通りでございます…。
っつーか、お疲れといえば確かに疲れてもいますが、それより何より、地震そのものに対しての恐怖ですねぇ…。
私は、30数年前の宮城県沖地震から極度のPTSDにかかっていて、チョットの地震でもいまだにその恐怖から逃れなれないでいるところに、今回の地震でもっとダメ婆になってしまいました。
今回は、巨大地震と津波による地獄絵図のような状況も加わってしまったせいか、日増しに恐怖感が増してきました。
普段は、クソ鬼ババァなのに、地震に対してはノミの心臓ババァとでも言いましょうか…、気が小っちゃいのですよっ^^;

本当に、一生懸命にボランティアをしている人もたっくさんいらっしゃいます。その姿を映像を見てると涙が出そうになります。
最初は、興味本位でボランティアに来た人が自分の考えの甘さを知ったものの、逆に本当のボランティアの必要性や生きがいを学び、今は毎日、一生懸命に津波で汚れた家の掃除をしている人もいました。
ガレキの撤去、家の掃除や家具の運びだし…。
今、本当に助けが必要なのはそういった力仕事で、津波で汚れた自分の家を片づけをしている高齢だけで住んでいる所です。

有名人の炊き出しや救援物資の呼びかけは、確かに有効な事もあるけれど、後先考えないで行われると有難迷惑でしかありません。
「何かしてあげたい、力になりたい」
と思う気持ちと、被災者側の心境とでは温度差があるのは確かです。
それに加えて、一日一日と時間が経つにつれて避難所と自宅避難者でも、いくらかのキモチの温度差はありますし。
被災者はみんな同じ想いではありますが、各々考え方が違うのでそこが一番難しいところですねぇ…。

政府も事の順番がわかっていないので、見ててムカムカします。
やっぱり、震災はどこか他人事ヨソ事なんだという気がしてなりません。
与党も野党も、今こそ手を取って協力するときなのに、そんな気はサラサラないようですもんねぇ…。揚げ足取りばっかりで、震災が起こらない時となったく変わってない…。バッカじゃないのっ(>_<)


poohくんも、シニアの仲間入りですぁ~
んだば、めかぶと一緒に敬老会をしないとね~~(^o^)
7歳、おめでと~~!

言いたい事を書く

管理人だけに読んでもらいたい

<<まだ、2ヶ月なのかぁ… | ふりだし | ポイポイッ!>>

 | ふりだしへ | 

もくじ
管理&興業者
前回のつづき
ご感想やご意見など
とらっくばっく
まとめ
演目
本家・分家へワープ



現在の閲覧者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。